Loading…

スポンサーサイト

Posted by mikazukibabylon on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおつごもり † サクラギ

Posted by mikazukibabylon on 31.2009 メンバーズ・ブログ 0 comments 0 trackback
さて、今年も大つごもりですね。

今年は本当に皆様のご厚情とご愛顧に支えられた一年でした。
心から、心から感謝いたしております。
新しい出会いも沢山ありました。思いがけない邂逅も沢山ありました。
その方々と、いつものみんなと、さあ、何ができるか2010年。
新たな計画も沢山有りますが、舞台、物語、表現の根本をしっかり抱えつつ、一歩一歩を大切に歩いていこうと思います。

みなさま、どうぞ良いお年をお迎え下さい。
そしてどうぞ今後とも、三日月バビロンをよろしくお願い申し上げます!!


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 

先日ブログにも描きました「琥珀球」(鼈甲飴)。
kohakudama01.jpg
劇団の忘年会等でも配らせていただきました^^。

舞台で使用したのと同じ型で作ったのですが、舞台使用時にはあっという間に成功した琥珀球も、けっこう奥が深いことが判明^^;。実は忘年会用のものは初回煮詰めすぎて焦げ茶になってしまいました^^;。二度目も微妙に請う茶色。うーん、琥珀色って難しかったんだ!(苦笑)
本番用、時間が無い中で何の心配も無く作ってしまったのだが、けっこう一発であのできだったのは奇跡だったのかもしれない^^;なんてラッキーだったんだろう(笑)。舞台の神様ありがとう^^。

そんなことを思いながら作り続けて、三度目からは職人魂に火がついて^^;家にあった型という型で拵えてみた(笑)。
下の画像は海産物シリーズ。タツノオトシゴが型から外すときに欠けてしまう率が高くて、それらは家で料理やお茶用に未だ眠っている(砂糖と水だけですから、そうして使ってもいいかなと^^;)。
kohakudama02.jpg
このほかにも小さめの星とハート。100個以上作りましたが、一回に30くらいできてしまうのでラッピングも含めて二時間少しという感じでした。

小さいお子さんが居るスタッフさんには喜んでいただけたかと思うが、大人にはちょっと迷惑だったかも^^;。
皆さんどうぞお汁粉やココアや煮物でも作るときに鍋に放り込んでご利用ください^^;。水分無いと焦げますが。

甘党ではない私、恐る恐る一個食べてみた。小さいやつ^^;。
甘すぎて駄目だー!と放り出すだろうと自分で予想していたのに・・・美味いじゃないか、と思った。
単純に「甘い」ってものを口にしたのが随分久々の気がします。
子供心に美味しいと感じていたのはこういう味だったのかもしれないな・・・。複雑な味わいや上品な淡味、もしくは辛味や渋みなどの攻撃的な美味しさ、そういうものにばかり対応してきた舌と脳がちょっとリセットされるような、原点の美味しさかもしれない・・・なんて、自分で作っていてなんですが(笑)

でも二つはさすがに食べられないです^^;。

スポンサーサイト

Merry X'mas ! † 櫻木

Posted by mikazukibabylon on 24.2009 メンバーズ・ブログ 0 comments 0 trackback
2009xmas.jpg

みなさまへ、メリー・クリスマス!

今日という日があなたにとって、楽しく暖かな日でありますように♪


*************

今年、クリスマス・イブの私の部屋は甘くてあったかい匂いに満ちています。
ケーキでも焼いている・・・のならクリスマスっぽいですが
作っているのは「琥珀玉」・・・はい、鼈甲飴でございます^^;。

11月末に無事終了いたしました本公演『 琥 珀 ノ 宴 』の中に登場する「巻貝の形の琥珀玉」、
物語の中にも「飴玉と琥珀細工」の二つが出てまいりましたが、舞台で使った
コレ↓
1351571405_19s.jpg
これも本当に飴でできております^^;。

鼈甲飴の作り方は簡単。砂糖とその倍の量の水、それだけ。ゆっくり煮詰めて、鍋の一箇所が色付いてきたら、鍋を回すようにしてその色を広げて、サラダオイルを薄く塗った型に流し込んで終わり。固まったら出来上がり^^。

最初は透明の樹脂を買ってきてつくろうと思ったのですが、何日置いてもなかなか固まらない上にニオイが酷く、家の中では具合が悪くなるし外に置くにも薬品臭が不審だし^^;。ミカル役のふぁるちゃん(木原)のポッケや和服の梅原の胸元にも入れるのだから、べたつく飴では拙いよなあと思っていたのですが、時間もなくなってしまったので、「個別包装ってことで鼈甲飴Go! (だって買ってきたのは現代の設定だし♪^^;)」とゲネプロ(リハーサル)前日の真夜中、私は自宅でぐつぐつ飴を煮ていたわけです^^;。全工程15分くらいのものですが、家中の甘い匂いはなかなか抜けませんでした。(バレンタインのチョコのにおいといい勝負です。)

因みにココに到るまでは、衣装さんのLさんや制作受付のYさんを巻き込んで色々静かな騒動があったのですが、それはまた後日^^;。劇場の階段でカセットコンロと百均の土鍋で飴を煮てみた なんてそんなけったいな風景はナイショなのですよ(笑)。因みに美麗なLさんがやっているとエリクサー風、可愛いYさんだとお菓子、私だと理科の実験風味になるのが何だか面白かったです。

今年の私からのクリスマスプレゼントはケーキでもパイでもクッキーでも有りません。
「琥珀色のアンモナイト」でございます^^。届くのはクリスマスではなく「大つごもりの奉り日」(←毎月25日の天神様のお祭日、12月は仕舞い天神などと言う^^;)です。私に逢いそうな皆さん覚悟して置いてくださいませ♪ 今年は和で締めますよ!。いっそ普段着和服で配ろうかしら(なんて^^;)。

因みに写真の「琥珀玉」は終演後、ちゃんとふぁるちゃん(木原)が美味しくいただいてくれたそうです。
作った甲斐があるというものです。
口中で小一時間、溶け消えることは無かったそうです。
・・・よく頑張ったね^^;。


擬音の日々  †  村川

Posted by mikazukibabylon on 16.2009 メンバーズ・ブログ 0 comments 0 trackback
今回密かに工作員…間違った。工作「部」員だった村川です。
(三日月バビロンには大道具小道具を作る「工作部」があります。部員絶賛募集中)。

『 琥 珀 ノ 宴 』の裏話…と言うほどでもないですが、セット作成時のやりとりについて。

毎度の事ながら、作/演出の櫻木さんのノートの落書き…間違った。「セット予想図」を見ながら、ミニチュア模型を作ったり、書き込まれた人間(らしきもの)から概算して大きさを割り出したりしながら、みんなで実物大を作っていくわけですが(笑)、もちろんいよいよ本サイズの舞台セット作成にあたり、随所に不明点が出てくるのでメールで確認しながら作業は進むわけで・・・。

そのメールタイトルが例えば
「Dream Boxとびよーん」(そんな言葉は脚本には無い。)

説明文も時には、
「コレはアレなんでまだです!」
その返事も
「アレはソレでいいです!」
みたいな。

…よく通じてたなあ…(^-^;)。

「まきまき」「ねじねじ」「ぐるぐる」が全部別のものを指していることがなぜか通じ合う人々でした。


一緒にホームセンターに買出しに行くと、「キコキコ足りるかな・・・」(あ、滑車ね)、
「ぐりぐり長いのまだあったっけ?」(あ、ねじ釘ね)と、無言で理解していたら、「私幼児言葉になってる…なんだよキコキコって…orz」と急に我に帰って落ち込んでいた櫻木さん。「寝不足」を理由に復活してましたが、「Dream Boxとびよーん」もきっと同類(^-^;)。

ちなみに「Dream Box」は舞台に出てくる箱型の棺(中に入るのが祈役の夢子ちゃんだったので夢子箱→夢箱)、「びよーん」はミカルと灯華が土に埋められていく情景で背後に立ち上がってきた壁についていた、立体渦巻き模様の飛び出すギミック(飾り)のことです。写真が上がってきたら、誰か下に貼ってくれると思います。

琥珀球(劇中登場の鼈甲飴)についての話はまた今度。

笑顔×∞ † 椎原

Posted by mikazukibabylon on 13.2009 メンバーズ・ブログ 0 comments 0 trackback
『琥珀ノ宴』が無事に終演し、段々と振り返る余裕ができた頃ではありますが、みなさまいかがお過ごしですか。
ブログでははじめまして、今回の公演から制作のお手伝いをしております椎原と申します。
琥珀ノ宴裏話…というほどでもないのですが、心がにっこりしてしまう公演中の出来事を。

公演より数日前からザムザ阿佐谷に劇場入りし、とんてんかんてんやっているわけなのですが、お手伝いにきてくださった方々から、ありがたいことに沢山の差し入れをいただきました。
お花やお菓子、ハンバーガーやおにぎりに飲み物etc…そして「しんどかろう、しんどかろう…ふっふっふ…」と愛が聞こえてくるあれ、栄養ドリンク。
指定の場所に置いて、みんな勝手にもらっていけーという具合なのですが、栄養ドリンクのふたをがばりとあけたメンバーが突如悲鳴を上げて笑い出しました。
何事かと覗いてみると

babisangel_388_1.jpg

おわかりでしょうか。
栄養ドリンクのフタにダンボールで作ったにこにこマークが貼り付けてあるのです。
「おつかれさまです」の文字とともに満面の笑み×10。
犯人持ってきてくれたのは、今回舞台装置・オブジェ製作を担当してくれました愛美さん。ありがとうございました。
三日月バビロンはこういう細やかな気配りとちょっとのお茶目心のある人が沢山いて成り立っているのですね。感謝感謝

DOKIDOKI † 竹之内

Posted by mikazukibabylon on 10.2009 メンバーズ・ブログ 0 comments 0 trackback
(『 琥 珀 ノ 宴 』裏話? その?回)

制作部竹之内です。

毎回公演を見に来てくださる某有名アーティスト様の感想のお言葉(一発目)に、いつも少しはらはらします^^;。

毎回ご来場くださり、そして満面の笑みでおっしゃってくださるので、まだまだ我々、つたない作品ではありますが、彼は褒めてくださっている、もしくは、気に入ってくださっていることは間違いなく本当にありがたいことなのです^^が、

春公演では
「(この構成は)ずるいよ~!^^。」
今回の冬公演では
「(和服に京言葉は彼的にツボで)ひきょうだよ~!^^。」

と・・・^^;。とても端的なため一瞬どきどきするのです。その後に続く感想と笑顔ですぐにほっとするのですが^^。

あの~どうせ褒めてくださるのなら、もう少し穏当な言葉で言っていただけないものでしょうか・・・^^;。

なーんて言いつつ、ソレがとてもその方らしくて、そして毎回打ち上げまでにこにこお付き合い下さって、さあ、今度はなんて言ってくれるかな?^^、なんて、意表をつく感想を期待している私たちも居たりします。ご期待を裏切らないように頑張ろうという気持ちになります^^。






正しき習慣 † 灯華(笑)

Posted by mikazukibabylon on 07.2009 メンバーズ・ブログ 0 comments 0 trackback
(『 琥 珀 ノ 宴 』裏話1)

美しい長男が 仏壇にシュークリームを供えて、そっと手を合わせる。
新しい水を供えて、末っ子の少女がが小さな手のひらを合わせてきゅっと目を閉じる。
なんて礼儀正しい、古き良き日本の家・・・ではなくここは劇場の楽屋だ- -;。

美しい長男=夜羽様が始めたに違いないこの一見正しき習慣は、
公演中の私の化粧前(楽屋の私の席)で行われているのです(笑^^;)。
新しい水(ペットボトルだが)だの喉飴だの栄養ドリンクだのを、皆が置いて行ってくれるのは嬉しいのだが、なぜ皆律儀に正座して手を合わせる- -;。確かに、今回の舞台で死んでる役私だけだったけど・・・
な~んていいつつ、一番それが気に入って自分でも「悪い、これ私の仏壇前に置いて来て」とか使いまくってたんですが(^^わはは)。
末っ子の少女(木原ふぁる)は最初ちょっと「縁起でも無い!」って顔をしていましたっけ^^;。


今回の劇場の楽屋は少し狭い。
並んで座れる長机は五人がせいぜい。でも五人目の足元は桟敷へ向かうスロープになっているので、ゆったり使うなら4人ってところ。
男性陣は申し訳ないがもうひとつの「座れない楽屋」(さらに水回りがあるので人の出入りが多く落ち着かない)を利用していただき、さて、今回和服を着る私はどこへ行こう??と思案の結果、サイコロ(一辺45センチほどの木で作った箱。)をひとつ、楽屋の机の無い隅に持ち込んで、そこに大き目の鏡をセットし、一人化粧前を作ってもらったのだ。
直前までスタッフ兼任でばたばたする私なので、流れに割り込むより隅っこでも少し広いほうが良い。和服もそのほうが着易い。

でも、部屋の隅にぽつんとそこだけ孤立してある三面鏡的な箱物・・・見た目、確かに慎ましやかな仏壇です。
意外にお○ゃめな夜羽お兄様が、そんな楽しいものを見過ごすはずもなく、この習慣は楽日まできっちり続けられました。
残念ながら写真は有りません(仏壇だからね^^)。

おかげさまで、物語の中では墓もなかった灯華さん、迷わず成仏できたことでしょう^^;。
灯華はほんまに幸せでしたえ♪、とシュークリーム抱えて笑ってたかもしれません。





そろそろネタばれ話題、いくつか投入してしまおうかと思いますが、・・・まだ早いですかねぇ(笑^^;)
しかし本当に、今回のメンバーは明るくて、笑いの絶えないたのしい稽古場&劇場でした。
楽日まで取っておこう、と巫女Sが言っていた裏話の数々を、私は打ち上げで席が離れて聞きそびれてしまっているので、色々聞き出してまた書いてみようと思います^^。

御来場ありがとうございました † 三日月バビロンメンバー一同

Posted by mikazukibabylon on 03.2009 メンバーズ・ブログ 2 comments 0 trackback
kohaku_web_55k.jpg
三日月バビロン ステェシヨンNO.7
『 琥 珀 ノ 宴 』
Feast of Amber Fossil
-Memories of a child that was never born-

無事終演いたしました!
御来場くださった皆様、ありがとうございました。



三日月バビロン秋の本公演、無事に幕を下ろすことができました。
御来場くださったお客様、御尽力いただきましたスタッフの方々、遠くから応援くださったみなさま、本当にありがとうございました。
これからも新たな可能性を見つけるべく三日月バビロンメンバー一同張り切っていきますので、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。


公演が終わり、ほっと一息ついているメンバーですが、安心しきって熱を出したヤツが続出しております。
みなさまもどうかお体には気をつけてお過ごしください。
先日綺麗な満月が見えましたね。
今回の公演がみなさまの心を少しでも潤す明るい心の満月となれば幸いです。なんちて。

GetAttachment.jpg

 HOME 

プロフィール

三日月バビロンの公式HPブログです。 HPへはリンクからどうぞ!

http://mikazukibabylon07.web.fc2.com/

mikazukibabylon

Author:mikazukibabylon
三日月バビロン・劇団ブログ
  「月面中継基地☆飛来波観測室」
               へようこそ!
硬質透明な異世界への扉を抜けて、さまざまな世界から「飛来」するメンバーたちの声をこちらで観測いただけます。
皆様からの飛来波も心待ちにしております♪

http://mikazukibabylon07.web.fc2.com/

mikazukibabylon@ybb.ne.jp

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

mixiのご案内

劇団コミュできましたm(^ ^)m

三日月バビロンコミュに是非ご参加下さい!お問合・ご案内は劇団メールへお気軽に♪

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。